シンク・エンジニアリング株式会社

目黒川

いつでも手軽に安全な水を配る“水の番人”の役割に注目

代表取締役社長 岡村 勝也さん

水道の蛇口をひねれば衛生的かつ安全で飲み水としても使えるきれいな水がいつでも手に入る日本。新型コロナウイルス感染症拡大防止対策の観点からも、手洗いやうがいをはじめ、身体を衛生的に保つ上でその安全な水が大きく貢献しているのは間違いありません。そこでいまこそ知っておきたい日本のきれいな水の秘密をひとつご紹介します。

全国各地にある浄水場から地域の施設、住宅に滞りなく安全な水を届けるためには水の流れや水質をコントロールし、そのシステムが日々正常に稼働しているかを監視する水の番人”が必要。その番人のひとつが東京都目黒区・自由が丘にあるシンク・エンジニアリングです。

「世界を見渡すと、安全・安心な水にアクセスする事が困難な地域もある中で、豊かな水資源に恵まれた日本では、現在水に困ることはほとんどありません。飲料水としても使える水をシャワーとして浴びている国は世界でも稀だと思います。日本の水道水の品質は世界トップレベルですが、安全かつ美味しい水を滞りなく供給するためのインフラは、全国水道事業体の皆様が大変な努力をして支えてくださっています。そのインフラ運用においては、浄水場や配水池など水道に関する施設を監視、制御する精密なシステムが必要です。一連のシステムが正しく運用されてこそ、蛇口をひねればいつでも安全な水が手に入る日常が実現できるのです」とはシンク・エンジニアリング代表取締役社長の岡村勝也さんの言葉です。

事業所の外観

同社は1978年の創業以来、一貫して上下水道設備の自動化、省力化、監視強化、業務情報処理化に取り組み、現在では全国で約400の地方自治体などの上下水道事業体に機器、装置、システムを納入。365日24時間止まることなく稼働し、浄水場から各施設、住宅への滞りのない配水に貢献しています。

日本独自の「命と生活の水」文化と伝統を未来に伝承することを基本理念に、システム開発から電気工事、設備の受託管理まで行うワンストップサービスを展開していますが、中でも岡村さんが最重要視しているのがスピード感だといいます。

「365日24時間、全国水道事業体の皆様が水のインフラを守っているわけですが、万が一システムに不具合が出た場合はすぐに現場に駆けつけなければなりません。水を滞らせるわけにはいかないからです」

テレメータ・テレコンで監視制御
浄水場管理フローシート

最新のクラウド型監視システムの開発にも注力

自由が丘の本社のほか、全国各地に支店、営業所を展開していますが、即応力を高めるために、岡村さん自身も頻繁に全国各地の現場に赴き、スピーディな意思決定をしているそうです。

「新型コロナウイルス感染症によってニューノーマルなライフスタイルへの移行など、価値観や考え方が変化していますが、そんな中でも水に関しては変わらず、安全な水を安定して供給できるようにしなければなりません」

そういった背景もあり、最新技術の導入には慎重な傾向もあるようです。

「わかりやすく表現すれば、水道はいつでも一発勝負なのです。失敗して断水を引き起こしてしまうということがあってはなりません」

確実性を優先するために、全国各地の上下水道事業体では無線よりは有線など、質実剛健で確実なシステムが好まれる傾向にあるそうですが、その一方でスマートフォンなど手持ちの端末でもシステムの状況が把握できるクラウド型監視システムを開発。「要は最新技術の取り入れ方を間違ってはならないのが水の管理監視システムなのです」。アプリを使った最新技術などは積極的に取り入れ、2020年10月には静岡・浜松の開発本部を拡張し、アプリ、ソフトなどシステム面の強化を進めています。

プライベートではアウトドアが趣味で無人島へも赴いてあらためて真水の大切さを痛感したという岡村さん。

「飲用可能な水で手を洗えるという凄いことが、水に関わる各自治体の現場にいる多くの人の努力のもとで実現できていることを知っていただけるとうれしいですね。世界最古の4大文明もしかり、文明は水からはじまったといわれますが、今後も日本独自の豊かな水を次の世代にもしっかりと繋げていけるように努めていきたいです」

新型コロナウイルス感染症拡大防止対策としても水の番人”の役割に注目です。

雷からシステムを守るアレスタ
今日も一日ご安全に
所在地:東京都目黒区自由が丘3-16-15
代表取締役社長:岡村勝也
電話番号:03-3724-7201
創業:1978年

東京都目黒区自由が丘3-16-15